5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

マスキング技法の話

Dance with Light
という本に書いてあることを紹介します。著者はElizabeth Kincaid さん。ちょっと専門的な話でごめんなさい・・・。興味のある方だけお付き合い下さい。

d0122703_1865156.jpg


この方はマスキングを利用して美しい絵を描かれています。トレース技法もされているようですが、後者のことは置いておいて。

この方の本を拾い読みしてみますと、マスキング液について多少知識が広がりました。

まず第一に、マスキング液は振ってはいけないらしいです。下の図のように、振れば振るほどマスキングの ゴムがぶつかり合うことで凝集し団子になってしまうらしい。
d0122703_1872426.jpg


私も、マスキング液を使う前によく振っていたけど、それは大間違いだったようです。(^^;

それから、この方は、マスキング液を使用した筆をアンモニア水で洗うと書いてありました。あまり詳しいことは分からないのですが、マスキング液を使うと筆が固まってしまってだんだん使いずらくなってしまいます。その洗浄にアンモニア水を使うようです。

以下は私がやってみたことです。

①マスキング液は少量をペットボトルのふたとか、絵皿に取り出します。
②マスキング液を使う前に、水でしめらせた筆を石鹸(洗剤はダメ)でこすります。
③マスキングします。
④筆が固まります。
⑤水にアンモニア水をごく少量混ぜたものを用意して、それで筆を洗います。これで筆がすっきり。
⑥水で、筆を洗います。
⑦またマスキングをします。

いちいち筆をシンナーで洗わなくて済んで、簡単です。
アンモニア水はすごく薄めて大丈夫みたいです。
本によりますと、マスキング液の溶媒はアンモニアなので、アンモニア水で洗えばよいとのことです。ただ、筆先のpHがアルカリ性に傾くと、絵の具の色が変色する場合もありますので、必ず⑥の水洗いをすることを忘れないで下さい。

私が試した結果です。下はホームセンターで買った安い梅鉢皿に、左からせっけん液、アンモニア水、水を入れて、それぞれ万能pH試験紙でpHを測定してみました。

d0122703_18181427.jpg


石鹸をつけた筆はやや塩基性に傾いています。(左)
アンモニア水もやや塩基性に傾いています。(中)
たったこれだけの梅鉢液の水で洗うと中性に戻ります。(右)

で、筆先がさらさらで実に快適に描けるというわけです!
使用したマスキングはビンに戻さずに捨ててます。

プログランキングに参加しています。ぽちっと御協力お願いします。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by noelu-2008 | 2010-04-18 18:24 | その他