5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

永山裕子 水彩画展

東京まで永山裕子 水彩画展を観に行ってきました。
d0122703_983792.jpg


日本の水彩画界の中では、カリスマ的存在の永山裕子先生のデモンストレーションが見られるという凄い展覧会です。

当日は、マイミクの、千さん、カルビさん、カトリーヌさんがわざわざ私と一緒にデモを観に集まってくださって感謝と感動の一日でした。

d0122703_984350.jpg


二時過ぎに会場(ラパン・エ・アロ)に到着した時は、50号の仕上げに入っているところでした。休憩時間にサインをしていただきました。今まで謎だったある絵の技法について質問しましたところ、丁寧に教えてくださり、これも感動しました。

でも、一部分の技法が分かっても、この全体感は誰にもまねできないのですよね・・・・。

え? 「どんな技法を教えてもらったの? 」ですって?

それは、、、もったいないから書きたくありません。


一枚目を仕上げたあと、最近発見されたとっておきマル秘技法を伝授してくださる永山先生・・。
え?「そのマル秘技法とは何かって?」

それは、、、
もったいないから書きたくありません。
みんな目からうろこで「はぁぁぁぁぁぁ」みたいな顔をしていたと思います。

20号の水張りをし、乾かし、モチーフを組みなおし、鉛筆で下書きを始められ、2枚目の下塗りをされました。大胆な絵の具の掴み方と色の置き方に感動しました。モチーフを組ながらもお花の湯あげなどの方法をさりげなく学べてしまったし、水張りもモチーフ組も、こんな風に簡単に出来てしまうのかとまたまた目からうろこでした。

そして、2枚目の下塗りが終わったあと、カルビさんが鋭い質問をします。
絵の中にこめられたドラマについてです。永山先生は一枚の絵に色々なドラマを重ねて絵を描かれるようで、天使のような悪魔が誕生するドラマでしたか、そういったドラマづくりをしながら描かれてられるようです。

え?「もっと詳しく」ですって?
もちろん、もったいないから書きたくありません。


永山裕子 水彩画展、11月24日(水)までです。
是非、現物を一度見てください。印刷されたものと絵の深みが全然違います。

その後、カルビさん、カトリーヌさんと、お茶をしながら、水彩画オフでおしゃべりをしました。
そして、、、凄いものをゲットしてしまいます。その話はまた後で描きますね。

本日のブログは「もったいないから書きたくありません」を書きたかっただけでした・・・。
へへ、凄いいぢわるですね~~~ノエルさんって。(メ・ん・)

ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2010-11-22 09:23 | その他