5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あ、あ、アグリッパ!!・゚・(ノД`)


これもアップするのは大変恥ずかすい~~~(ノ´д`*)

石膏デッサン、「アグリッパ」です。。。

d0122703_2233415.jpg



アグリッパは古代ローマの軍人らしい。その胸像が残っていて、レプリカを石膏デッサンしているのですね。
本物の胸像はイケメンです。
アグリッパの名誉のために、イケメン画像も載せておきます。
ごめんね、アグリッパ。ぶ男にしちゃって。
d0122703_2234265.jpg


もっとアグリッパの画像が見たい人はクリックしてみてくださいね\(・∀・ )

さて、私が最後に石膏デッサンをしたのは今から30年も前のことです。
講師の先生(若い)が産まれる前くらい前です(*´∀`)
全て忘れていますね~~

デッサン教室というと、手取り足取り教えてくれるようなところを想像されるかもしれませんが、
そんなことはありません。

最初に諸注意
 ①紙面に、頭の先端と胸の下端の場所を決め、そこは決して動かしてはいけない。
 ②顔の中心、鼻の先端などほ計測して決めていく。
 ③大きな塊の稜線を描き、そこから細かい稜線を計りながら描いていく。
などがあって、後は石膏像と私の二人きりの無制限一本勝負です。

途中でアグリッパがザビエルそっくりになってしまって、どうしようかと悩みました。ヽ(´Д`;)ノアゥア...
d0122703_2251468.jpg


もう、木炭紙に向かって「アグリッパよ、たかの友梨美容整形に行って治してもらってこいや。ヘン過ぎる・・・」とつぶやいちゃいましたよ。

講評は、
・初めてでここまで描けたらいいと思う。
・石膏デッサンは黒っぽくする人と、白にこだわる人と分かれる。この場合黒中心になったけれど、一番光の当たる上部が白い固有色になっている。
・木炭の量はこれでいい。
・計測に慣れていきましょう。
・稜線はもっとおおげさに描いてください。
・木炭紙を見ると、苦闘の後が良くわかります。執念深く絵にくらいついていく姿勢と、かなり出来上がった状態でも間違えを見つけて修正を繰り返す精神力の強さは素晴しい。

とのことでした。

木炭紙 9時間くらいかかった・・・
ちなみに、講師の先生だと、1.5時間くらいで、アグリッパは見ないでも3D状態で描けるそうです。ははは。


★お知らせ★
デッサン教室の作品展があります♪
私は、な、なんと、この「アグリッパ」と既出の「フレアースカートの女性」と「読書する女性」の3点を出展させていただくことになりました。ご近所の方でこちらにお立ち寄りの設は是非お寄りくださいませ。

3月15日(火)~20(日) 11時から19時(最終日17時)
d3 art studio ギャラリー
小倉北区馬借1-3-23
Tel 093-533-3456





ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-03-02 23:04 | デッサン