5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:その他( 106 )

ホキ美術館名品展

夏に阿部先生の講習を受けに東京に行ったついでに、足をのばしてホキ美術館まで行ってきました。
ホキ美術館は現代の写実絵画専門の美術館として2010年に千葉に開館しました。

d0122703_23215070.jpg


素敵な美術館で、なるべく絵にガラスを入れたくないとの趣旨が書かれており、油彩を間近にみることができました。残念なことに、ごくわずかな方が本物と見分けがつかず、触ろうとするため、何点かの絵にはガラスが入っていました。

森本草介先生、野田弘志先生、藤原秀一先生、などなど以前から一目見たいと憧れていた作品を見ることができ、幸せでした。そして、そして、一番見たかった青木敏郎先生の作品の前に立ったら感動とどすんとくる迫力で涙が出そうになりました。

d0122703_23215596.jpg


青木敏郎先生は、『月刊美術』という雑誌でこんなことをおっしゃってられます。

「油彩の特質は何かと言うたら、絵の具の物質性そのものですよ」
と、おっしゃるのです。また、美には五つの要素があるとおっしゃっています。

「色彩美、描写美、メチエ美・・・工芸でのすさまじい細工のような仕事美的な要素が絵画にも当然ある。でそうしたものを総合した構築美。あと、わすれちゃいけない素材美、油絵だからこその美しさがある。日本画には日本画の素材美がある。こうした要素がいくつかでも整っていれば作品として成立するだろう」と。

私はこの言葉を何度も繰り返して考えてしまいました。メチエ美、その言葉を聴いたのは初めてですが、何度もメチエ美と繰り返してしまいました。

水彩画は細かく描くと「ちまちま描いている」と言われ、なんだか悪いことの見本みたいに言われてしまうけど、工芸のような美しさとして成り立てば、それは立派な作品となると思えてきました。

そんなことを考えながら、細部に神が宿るような美しい絵を堪能させていただきました。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-08-17 23:38 | その他

大友義博展

夏の展覧会めぐり  その①

大友義博先生は、日展審査員で、マイミクのクラゲさんのお師匠でもある方です。
東京で水彩画の個展をされるということで、こちらも是非見ておかないとと駆け馳せました。

d0122703_8195812.jpg


ご案内のハガキの女性です。これもとても大きな絵なのですが、水彩画です。
印刷すると原画の濁りの無い美しさがなくなってしまうのがとても残念です。

大友先生の絵は是非原画で見て頂きたい。

この女性も美しかったし、子供の可愛い表情ももう、連れて帰りたくなっちゃうレベルの可愛さでした。
どうしてこんな可愛いほっぺが描けるんだろう・・。そんなことを考えながら拝見しておりました。


大友先生はとても気さくな方で、1つ1つの絵を丁寧に説明して下さいました。
途中からのび太さんともお会いすることができ、また新たな思い出が刻まれました。


ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-08-12 08:25 | その他

カラー魚拓体験記

小倉で「カラー魚拓」の展覧会があったので行ってきました。

松崎和征さんという方の「カラー魚拓作品展」です。詳細を知りたい方はこちらのブログ(←クリック)

素晴しい作品で感動したので記事にさせていただきます。

いただいた葉書を掲載します。こちらが松崎さんの作品です。↓↓

d0122703_1633712.jpg


魚拓というと、墨で描く野太い感じをイメージしますが、こちらは特殊な油絵の具を使ってられるそうで、とても繊細で美しい作品なのです。簡単に作れるということですが、どれも芸術的センスが抜群で美しい作品でした。


体験で、しゅうめい菊の葉の拓を取らせていただきました。下が私が作った魚拓ならぬ葉拓。
葉の上に湿らせた和紙をおき、タンポでとんとんと叩くようにすると葉脈の形に色が付きます。
下は、私が教わりながらやってみた葉拓↓↓
d0122703_1633059.jpg


すごく簡単で楽しかった!!
ポイントは油彩の絵の具を使ってられるところだそうで、魚に絵の具が付かないので魚拓を取った後からお魚を食べることもできるのだそうです。

見たことがない画材にも触れることができ、楽しい体験教室でした。


 松崎和征 カラー魚拓作品展
 5月1日から6日まで 11時~19時 最終日17時
 ディ・キューブギャラリーにて



★息子がアパートに帰り、娘も部活が始まりました。毎年のことながらあっと言う間のゴールデン・ウィークでした。運動部に入って真っ黒に日焼けした息子の元気な姿を見れたので良しとしましょう。まだあと1日ある休日を楽しみます。

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-05-05 16:46 | その他
d0122703_12162437.jpg


定時制高校での仕事、そろそろ二週間目に突入しました。


最初は、超緊張して肩こりまくりましたが、なんとか慣れてきました。

昼から出勤して、最初に職員会議や校務、そのあと夕飯を食べてから授業です。
最後の授業が終わると9時30分です。

身体が勤務のサイクルになれていない感じがして、夕飯を食べると疲れがでてくるのが困ったものです。そのあたりはまだ慣れていませんがそのうちなんとかなるでしょう。

心配していたのが、生徒指導、これができないと授業崩壊まっしぐらです・・・・。
そこは今のところ何とかなってます。これからどうなるか、自信ないんですけどね。がんばるっきゃありません。

定時制高校は職員の数が少ないので、一人で何役もの校務分掌(学校の仕事のこと)を受け持つことになります。行政に出す文章の量が半端ではなく、それが春の大仕事になります。

職場が変わると、なれないPC環境になり、それが一番の肩こりの原因ですね。



仕事が終わって家に帰ってくると、留守番していた娘とのコミュニケーションタイムです。こちらもまだまだ母親として手が完全に離せず悩むこともあり、夜なかなか寝付けないんですよね・・。

その割に朝は早起きしなきゃならず、ずーーっと寝不足が続いています。

ゴールデンウィークは寝たいなぁ。



昼間は絵を描こうと思っていたのですけど、気持ちが絵に集中しない毎日を過ごしています。
どこかで気持ちを立て直さないといけませんね。

そんなこんなです。
ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-04-18 12:16 | その他

星野木綿先生水彩画展

d0122703_104569.jpg


星野先生の水彩画展が小倉のドン珈琲館で行われています。
14日までということで何とか行ってきました。

綺麗な緑の植物に囲まれて、至福のひと時を過ごすことができました。

ドン珈琲館で展示されている作家さんが集まって「鈍行会」という展覧会を行います。
平成24年5月22日(火)~5月27日(日)
下関市立美術館 午前9時30分~午後5時まで

25名ほどの作家さんの絵が見れます。
水彩画は、星野木綿先生、加生幸彦先生、野末行利先生、松島捷先生(星野先生のお父様)



新年度の仕事が始りました。

昼夜逆転で、まだからだのリズムができておらず、なんか変な感じです。
からだは正直ですね。

新しい職場で覚えることもいろいろあって、古くなった脳みそに喝を入れながら
働いています。



朝は高校生になった娘のために、お弁当を作ったり、貴重なコミュニケーションタイム
なので寝過ごすことはできません。

そのため、朝も早い、夜は遅い、やはり生活リズムの確立が大切でしょうか。

昼の時間に絵が描けるかと思ったのですが、疲れが溜まってばてています。
まだ昼の時間が使えるようになるには時間がかかりそうです。
[PR]
by noelu-2008 | 2012-04-14 10:04 | その他

教室展のお知らせ

昨年のマイブーム、デッサン教室の教室展が開かれます。
私も6点、出品します。

d0122703_178162.jpg


出す作品は20号の「木炭のある静物」

d0122703_171161.jpg



今日、搬入の準備でひさしぶりにこの絵と対面しました。
新しく入った講師の方から、「このグラス、手に取れそうですね、何時間かかりましたか」と誉められ嬉しかった!
d0122703_171431.jpg



モデルさんが居眠りして残念だった、15号の「うつむいた女性」
これは5時間で描いたもの。
d0122703_1701466.jpg


同じく5時間で描いた「若い男性」
d0122703_16575922.jpg



木炭デッサンは以下の3点を出します。


「ラボルト」

d0122703_16525517.jpg




「ボルゲーゼの闘士」

d0122703_16585443.jpg




「アマゾン」

d0122703_1659501.jpg



3月25日(日)~4月1日(日)
11時~19時まで 最終日17時まで
小倉北区馬借1-3-23
ディ キューブ ギャラリー


息子の引越しがあるので、どうなるか分かりませんが、私も時々顔を出します。
ご近所の方でお時間がある方、どうか覗きにいらしてくださいね。( ・∀・)ゞ

ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-03-16 17:22 | その他

卒業記念に

まだまだ寒い日が続いていますね。
それでも春の気配を感じる今日この頃です。

チューリップの芽も出てきました。
ビオラも綺麗。

長男が高校を卒業し、来年から大学に行くことになりました。
大喜びの日もすぐに終わってしまい、部屋の整理と引越しの準備で大慌てです。

喜びや淋しさをしんみりと味わいたいのですが、そのヒマがありません。

写真は前期合格発表の前日まで作り続けた息子への最後のお弁当。
いつもろくなものを作りませんでした。

右半分の小さいのは下の妹の弁当です。


d0122703_16493848.jpg



幼稚園から小学校、中学校、高校と13年間作り続けました。
私がやってあげたことは食事づくりぐらいかな。
小さいときは病気が多くて看病もした、算数を教えたり、いろいろなところに連れて行ったなぁ。
少年野球、スイミング、、、。思い出は星の数ほどありますが。

しばらく絵を描く時間はありませんが、また落着いたら絵筆を取ります。
時々遊びに来てくださいね。



ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2012-03-12 16:50 | その他
田崎先生の水彩画展を観に、天神まで行ってきました。

d0122703_17153372.jpg


先生の許可を得て、写真を撮影させていただきました。嬉しいことにブログ掲載許可も頂いたので皆さんも目の保養をなさって下さい。

d0122703_17154991.jpg


最終日だそうですが、日曜日とあって沢山の人が観に来てられました。
皆さんとても熱心です。

d0122703_1720538.jpg


d0122703_1716238.jpg

↑このバラの絵ともう一点、風景画をデモンストレーションで描かれたそうです。
見に行きたかったけど、デモの日は仕事でした。涙
先生に「見たかったです!」と言ったら、「人が多すぎでほとんどの方が見れませんでしたよ~」とのことでした。ギャラリーに入りきらないくらい人が集まってしまったそうです。

d0122703_17171945.jpg

↑この絵は横浜の水彩会で出された絵だそうです。

d0122703_17171243.jpg

私は田崎さんの描く空とか空気感がすごく好きなんです。この絵も影にニュアンスがあってすごくいい。
死ぬまでに一度でいいから、こんな影を描いてみたい~~

d0122703_17165365.jpg


d0122703_17164088.jpg

最近、田崎さんの絵が変わってきて、タッチを出すことや使う色を変化させたことなどを伺ってきました。使う色が変わっても透明感は変わらずに綺麗でした。

d0122703_17162836.jpg


d0122703_17175512.jpg


田崎さんも福岡で教室を持ってられるのですが、月1回コースも開催されているようです。
毎週は通えない方、福岡は遠いなと感じてられる方でも月1回コースなら続けられるかもしれませんね。
田崎さんのサイトはこちら→「田崎まさのぶ水彩画廊」

いやー、素晴しい絵を見ました。眼福な1日でした!

ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-10-02 17:31 | その他

高島野十郎


高島野十郎展、娘と二人で観に行ってきました。

素晴しかったです!

d0122703_10433833.jpg

↑↑「からすうり」

高島野十郎というと、蝋燭の絵を描く人だとばかり思っていましたがそうではありませんでした。

明治23年(1890年)に生まれ、東京大学農学部を主席で卒業し、その後画家になったという方です。生涯のほとんどをどこの会派にも属さず、写実的な油彩を描き続けたそうです。

d0122703_10434869.jpg

1920年作「絡子をかけたる自画像」30歳くらいのときの自画像になります。
初期の作品は筆のうねりと暗さが特徴的でした。
ヨーロッパに留学した後、このうねりと暗さがなくなっていきます。

d0122703_1044237.jpg

1935-1945年ごろ「壷とクラスと果物」

d0122703_10435939.jpg

1965年ごろ「雨の法隆寺」部分的に損傷し、修復をほどこされたようですが、見事です。


d0122703_10435635.jpg

1965年「菜の花」精緻な風景画も沢山描かれていました。

d0122703_10435553.jpg

1958年「葡萄」

d0122703_1044641.jpg

1956年「菊の花」

ここまでが本館の企画展で、別館に蝋燭や夜の絵が展示されていました。

↓が別館に入ってすぐの部屋です。蝋燭の絵を集めた部屋で、入るなり息をのみました。

d0122703_10443943.jpg

この蝋燭の絵を高島野十郎はお世話になった方へお礼として差し上げていたそうです。
ずらっと並んだ蝋燭の部屋は圧巻でした!

d0122703_10441679.jpg


d0122703_10435143.jpg

1963年「満月」

d0122703_10434446.jpg

高島野十郎画伯

図録とともに、評伝「過激な隠遁」を購入し、今読んでいるところです。
高島画伯の絵は、当時「写実」としてあまり評価されなかったそうです。

写実が評価されなかった時代があったとは・・・!!!
今の写実ブームでは考えられない!!!
ただ、今の写真そっくりの絵と違って、何か違うんですよ・・・。

評伝をよく読むと、高島画伯は、仏教を深く学ばれた方で、「見えないものを描く」という精神があったようです。遺稿ノートには

「花一つを、砂一粒を人間と同物に見る事、神と見る事」
「全宇宙を一握する、是れ写実
   全宇宙を一口に飲む、是写実」

「写実の極致、やるせない人間の息づき ――それを慈悲という」

と記されていたそうです。
深い洞察と人格のにじみ出た素晴しい絵でした。


ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    


[PR]
by noelu-2008 | 2011-08-17 11:28 | その他

モーリス・ドニ展


モーリス・ドニ展を観に行ってきました。
d0122703_19511895.jpg


この企画展がくるまで、私はモーリス・ドニという画家を知りませんでした。
今回も、ちょっと行ってみようか、と気軽に行ってみたのですが・・・。

ドニは、19世紀のフランスの画家で、「ナビ派」というグループを結成した人です。
ナビ派というのは、ヘブライ語で予言者のことです。

古典的な美しさを追求しながらも、芸術と信仰が調和する作品を作ったとのこと。
ただ、家族と子供が彼の絵ではとても重要なテーマで、すべての絵が自分の家族の肖像画と言っても過言ではない感じがしました。

そして、色がとても綺麗なのです。

ドニは画力がある画家さんとは言いがたいのですが、とにかく色彩構成が斬新で美しかったです。
ピンクがかった紫の海に、緑色の空、観て良かったという幸せな気持ちに浸れる展覧会でした。
相変わらず、パンフレットからの切り抜きですが、ドニの絵をご覧下さい。

d0122703_19512099.jpg


d0122703_19512888.jpg


d0122703_19513184.jpg

↑↑この絵は丸いキャンパスに描かれています。
晩年に沢山の壁画を手がけています。
その一つです。

d0122703_19513381.jpg


d0122703_19513615.jpg





ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-08-14 20:00 | その他