5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雷山千如寺 

d0122703_20572816.jpg


11月に行った雷山千如寺のスケッチです。
下書きだけしてそのままほったらかして置いていたものを仕上げてみました。
今年の塗り納めでしょう。

深い緑の山に、赤い楓が1本、燃えるように立っていました。

【雑記】
今年の大掃除は障子を四枚張り替えてみました。
昨年も張り替えたのですが、すぐに破れてしまったので、プラスチック入りの障子紙を購入。
これはかなり丈夫そうですね。

換気扇は子どもを動員して完了。
後は電気の傘の掃除を残すのみ。

掃除をしていて思いだしたのが、雷山に掃除の五徳という張り札がありました。


『掃除の五徳』
1、自分が悦ぶ
2、他人が悦ぶ
3、仏が悦ぶ
4、姿が尊くなる
5、幸福が集る


うちの場合は、私が強烈な勢いで掃除をするので、家族の皆さんはかなり迷惑そうです。
したがってまだレベル・ツーに達していません。(ーー;;
皆様の御宅には幸福が集ることをお祈りします。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-29 21:14 | 風景
d0122703_20262618.jpg


ネット仲間展の課題から描きました。
ベネチェア.マッジョオレ島です。

青い幌がかかったボートが美しくて描いてみたくなりました。
遠景がマッジョオレ島なのでしょうか。
ニシセグロカモメ?飛んでいる鳥を描くのは憧れです。

アルシュ

今回は始めて大きいボードに描いてみました。
500×650
これを何号と言うのかよく分かりません。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-24 20:27 | 風景

柚子

d0122703_20551090.jpg


ネット仲間展の課題から、「柚子」を描きました。
何でも20cmもある巨大な柚子だそうです。
皮の表面のでこぼこがものすごく、うねりを感じました。

黄色系と、緑系と青、それから影にインディゴを使用。
完全に乾いたら塗り、乾いたら塗りという感じででこぼこを描きました。

下書きは当たりだけでOKなので
ひと塗りしたら、コメをとぎに台所に行き、
ふた塗りしたら、洗面所を掃除、
もう一回塗ったら、おかずを作り始め、、、、

と、主婦業と完全に両立できるのが水彩画のいいところだよねemoticon-0102-bigsmile.gif

こういう単純なものを絵にする大切さを再確認しました。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-20 20:56 | 静物

素敵なカレンダー

ネット仲間展を通して知り合いになったVase.noirさんのカレンダーを買いました。

d0122703_953413.jpg

d0122703_953591.jpg


こんなに素敵!(≧▽≦)b
来年はこのカレンダーを飾って、気持ちを明るくしてお仕事をしようと思います!

Vase.noirさんのサイトは夢舎のつぶやきです。
是非一度素晴らしい作品の数々をご覧下さい。
いつもため息が出てしまうくらい素敵なんですemoticon-0152-heart.gif

カレンダーが欲しい方はこちらから購入できます。

以下雑記
話は変りますが、ある方から↓のキーホルダーを頂きました!(^ω^)v
これまた、可愛いくって大喜びの私。
d0122703_953519.jpg


先日、歯の根が折れた話をしましたが、接着が無理でついに手術で抜歯することになったのです。歯を抜くぐらい簡単だろうと思ったのですが、メスで切って3針も縫う手術になってしまい、驚きました。しかし、無事修了。抜歯する前の方が頭に石を載せたような気持ちでしたが、取ってしまったらとてもすっきりしました。

とはいえ、歯医者さんの診察台に登るだけで心臓に悪いのは確かです。
このあと、インプラントにしてもらう予定ですが、かなり時間とお金がかかりそうですemoticon-0106-crying.gif
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-20 09:05 | その他

ようやく着色

d0122703_1436820.jpg


先日のバレリーナをようやく着色しました。

ふたば画伯から、「プロじゃないんだから思い切って塗りなさい」とアドバイスを頂き、さすが年長者は言うことが違うと感心するばかりでした。

しかし、このところ自分を覆っている鬱波に飲みこまれなかなか描けずにいました。

今日はどうなってもいいやと、腹をくくり、クロッキー帳から転写。
顔などの表情がうまくいかず何度も書き直しました。
今回、気をつけたことは、「離れて描く」。
腕の長さが五メートルくらいある感じで描こうと思いました。
色が好きなので、自分の好きな色を乗せてみました。

追伸・エキサイトブログ、軽くて快適なのですが、スパムコメントが多いので、来年から他のブログに引っ越そうと思ってます。dionを考えています。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-17 14:38 | 人物

バレリーナ

d0122703_17211524.jpg


d0122703_1725274.jpg


d0122703_1726593.jpg


ネット仲間展の課題から描きました。
鉛筆下書きを充分に楽しみました。
もう少し良い紙に描けばよかったなと後悔。
罫線は大枠だけしか必要がありませんでした。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-10 17:27 | 人物
2日目、渋谷のBUNKAMURAへ急ぎます。「アンドリュー・ワイエス・・・創造への道程」展が観たくて上京してきたのですから!

d0122703_148216.jpg

アンドリュー・ワイエス

今回は初期の自画像とその習作が5点、
メイン州をテーマにしたものが97点
ペンシルヴェニア州で描いたものが58点、

創造への道程という通り、本作を作成する前のラフデッサンから水彩での習作など、
画家の制作の過程が辿れるという素晴らしい作品展でした!!!

また、91歳になっても一週間のうち7日間絵を描いているというワイエスの「今」のインタビューやオルソンハウス近辺の映像も見ることができ、大変充実した内容でした。

アメリカのHP、Wyeth centerはこちらをクリック!



d0122703_13351773.jpg

「ガニング・ロックス」↑
水彩です。画像や図録では全くわかりませんが、ヒゲの1本1本、シワやしみまできめ細かく書き込まれています。


d0122703_13383872.jpg

「クリスティーナの世界」↑
習作・水彩


d0122703_13392847.jpg

「火打ち石」↑
テンペラ
鉛筆素描や水彩での習作が4枚ありました。


d0122703_1342382.jpg

「松ぼっくり男爵のための習作」↑
水彩


d0122703_13485782.jpg

「松ぼっくり男爵」↑
テンペラ


d0122703_13452712.jpg

「アルヴァロとクリスティーナ」↑
水彩


d0122703_13505251.gif

「ページボーイ」↑
ヘルガをモデルにした作品は何と240点もあるそうです。
15年間に渡ってヘルガを描き続けたといいます。



d0122703_13553079.jpg

「三日月」↑
テンペラ

ネットで拾った画像ばかりで申しわけありません。

アンドリュー・ワイエスのインタビュービデオから印象に残ったことば。
「感動を描けば、画材は何でもいい。鉛筆でもいい。水彩でもいい。
ゆっくり時間をかけて描きたければテンペラでもいい。
制約をしないことだ」

また、図録に収録されていることば。
「私は、ある人間の芸術は、その人の愛が
達する深さと同じところまで しか行けない。」

一枚一枚の羽目板の数を数えて描いたという家のスケッチには壁のしみまで詳細に描かれていて驚嘆しました。とにかく原画を見てください!

オルソンハウスの写真です。
d0122703_1435830.jpg


今回の展覧会とは関係がありませんが、A.ワイエスに影響を与えたという彼の父(有名な挿絵画家だった)N.C.ワイエスの描いた作品です。

d0122703_145126.jpg

d0122703_1453734.jpg
d0122703_146713.jpg

d0122703_1465195.jpg

d0122703_147865.jpg

[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-09 14:10
d0122703_2302842.jpg

技法書片手に描いてみました。海です。
技法書には「セーブルの平筆をつかってドライブラッシュで描いてみましょう」とありました。
セーブルの平筆はなく、ナイロンの平筆でトライしました。

だーー、全面塗ってしまいました。

目標は薄く白い部分が現れて、並みの輝きが表現できる予定でしたが、なかなか難しいですね。ドライブラッシュをなされる方、コツを掴むためのポイントを教えてください~~
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-08 23:00 | 風景

東京へ~その1

土日を利用して東京へ行ってきました。
土曜日は上野でフェルメール展とウィルヘルム・ハンマースホイ展を見ました。

フェルメール
d0122703_1543152.jpg

d0122703_15434966.jpg

上の「小路」は原画の方が色が落ち着いて見えました。

d0122703_1545012.jpg

「リュートを調弦する女」は柔らかな筆遣いで驚きました。上の画像などからでは想像もつかないほどの柔らタッチから女性の視線が射るように描かれています。今回のフェルメールの中ではこの絵が一番衝撃的でした。

闇を描いて光を表す、柔らかさをつらねて一点だけ射るような視線を描く、その駆け引きが凝縮されているように感じました。

他のデルフトの画家たちの作品も数多く展示されていて見ごたえのある展覧会でした。
思ったとおりの混雑ぶりでしたね(苦笑)




ウィルヘルム・ハンマースホイ
d0122703_15505092.jpg
d0122703_1551333.jpg
d0122703_15511830.jpg
d0122703_15513035.jpg
d0122703_15514275.jpg

d0122703_15521151.jpg


ハンマースホイ、私は圧倒されてしまいました。
静かなる叙情というサブタイトルですが、静かなる狂気を感じました。

静かであること、人間のドラマを極限まで消し去ることでしか表現できない美意識に立ちすくみました。何時間佇んでいたのか覚えていませんが、閉館時間の何度目かのアナウンスに促され剥ぎ取られるように退場しました。

その夜はホテルに宿泊しましたが、夢の中にハンマースホイの景色が現れて、怖い感じがしました。図録を購入しました。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-08 16:00

自分

d0122703_21582162.jpg

40後半、一人旅です。やることが無く自分を描いて暇つぶし。
ちなみに自分の顔は嫌いです。
[PR]
by noelu-2008 | 2008-12-06 21:58