5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3年目

d0122703_18513362.jpg


このブログも3年を超えました。

水彩画が3年も続くとは、、、。実は私もびっくりです。
家族を初め、多くの方に声をかけていただきながら、続けることができました。

子供が大きくなって、先のことをいろいろと考える年齢になってきました。
私もお絵描き三昧、ブログ三昧というわけには行きません。
家族の成長にあわせて、自分のミッションを考えていきます。

絵を描くことは、自分の目標の中からはずすことなく続けていくと思います。
今年は仕事がとても安定してきて、この勢いをキープしたまま上昇したいところです。

家族、仕事、絵と、軌道をはずさずに行くためにも、自分の時間管理をしっかりしたいものです。


と、いうことを土曜日1日かかって考えていました。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-27 18:51 | その他

模写

d0122703_16184832.jpg

また携帯からアップします。
海外の画家の模写です。カタログ写真を見て描きました。
これも、はがきサイズです。30分ぐらいで描きました。
これから娘と買い物に行きます。


で、ただいま~~~。

娘とお買物をして、プリンを食べて帰宅しました。美味しかった♪
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-20 16:18

あじさい

d0122703_2224657.jpg


スケッチという程のものでもありません。
通勤途中に紫陽花が咲いているところがありました。
絵葉書サイズに30分程度で落書きしてみました。

何だか神様が降りて来そうな光景でしたが・・・・

このところ、忙しくて紙に向かっていません。
でも、それではダメダメで、何か些細な光景でも描かないと。
ということで、これから絵葉書サイズで気軽にスナップ写真を撮るように描いてみたいと思います。

そうそう、お絵描き仲間のニコさんのブログ「スケッチで会いましょう」にリンクを貼りました。ニコさん、宜しくお願いします。



本日は、朝0時間目から2時間目まで授業、そのあと水彩教室に滑り込みました。
絵を描いていると一番気持ちが集中して落ち着きます。

さて、私の仕事は期末考査に入ります。少し楽になりますが、同時にうちの子供達も期末考査なもので、家にいても落ち着きません・・・・。なんでこんなにテストだらけなのだろうか?むむむむむ。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-19 22:02 | 静物

何も描けない時にも

d0122703_2011318.jpg


先週から全く進んでいません・・・・。

またまた学年末テストの時期になってしまい、仕事のスパートです。
その時期に娘が体調を壊し、今週も何も描かないままが過ぎようとしています。

何も描かなくても、置いてあるだけで、色を考えたり、どう描こうか考えたりはできます。
だからネガティブに悩まないようにしています。


私の仕事は教員だし、お母さんだし、女房だし、母にとっては子供だから、
絵を描く時間はそれらをこなしていたら、やがてできると信じて待ちます。


テスト問題を作ったら、はがき絵にでも挑戦してみよう・・・。

1日1個、家族の人のためになる何かをやってからね。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-12 20:11 | その他

鳥の絵の途中

d0122703_20142538.jpg


職場の近くの水溜りの風景を描いています。
写真は部分です。

鳥の羽毛のような、糸のきらめき
水の波紋の美しさ
木の葉のきらめき

ありきたりですが、目に入ってきた感動を描いてみたいです・・・。


考えてみたら、一学期は忙しかった。
歯の手術、その後の抜糸、通院が多くて参りました。
7月になったら、もっと絵を枚数多く描いてみたいです。

来週は娘の遠足、自分の仕事はテストモードに入り、またばたばたします。
とりあえず、描きたい気持ちをためておきます。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-06 20:14 | 風景

本の紹介

これは素晴らしい!

水彩で描く町角 東京慕情

小林 征治 / 日貿出版社



小林征治さんの絵は、昨年末のギャラリー・トーニチで見て一目ぼれしました。卓越したデッサン力と、モチーフに対する暖かなまなざしが伝わってくる感じ。それでいて甘い感じがせずに落ち着いた色使いが素敵です。

ギャラリー・トーニチの「ありがとうの展覧会」に出品されていた作品は、「卓上の詩 青いレモン」という静物画でした。ビリジアン系の落ち着いた色でマグカップとレモンを描かれていたのですが、シンプルなモチーフの中の詩情が素晴らしかった。

残念ながら既に売約済みでした。この方の絵をもっと見てみたい・・・。

もうひとつ、風景画の技法書として

ステップアップ水彩画―町角の情景をじっくりと描く 淡彩から濃彩へのすすめ

小林 征治 / 日貿出版社


こちらの方が、細かい技法が公開されています。

同じ風景画でも、何をどんな風に描くかでパレット構成が変って来るのでしょうね。とても参考になります。スケッチ派の人もお勧めです。

小林さんのサイトなどがないかと、探しているのですが、見つかりません・・・
どなたかご存知の方いらっしゃったら、教えて下さい。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-06-03 20:56 | その他