5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Long Slow Distance

昨日、図書館へ行って本を借りてきました。
「サイクリング・ブルース」忌野清志郎 著

サイクリング・ブルース

忌野 清志郎 / 小学館



いいなぁ、こんな生活。
画材を背負って自転車で日本一週、Long Slow Distanceならできるだろうか。彼の言葉には救いがある。誰も言わないようなことを言ってくれる。初めて聞いた曲は「僕の好きな先生」だった。普通、ロックの人は先生が好きなんて口が裂けても言わないじゃん。教師は敵みたいなことばかり言ってさ。みじめさも自分のダサさも、人から後ろ指を指されるような生活も、悪くないじゃんと思えるんだ。

「今度生まれ変わったら、サラリーマンになりたい」なんてカッコよすぎる。人間らしく生きていいことに、誰かの許可をもらいたがっている私がいる。そんなことは必要ないんだと感じた。


「清貧登山のススメ」 清永謙 著

清貧登山のススメ―お金をかけずに心豊かに登る (NEW YAMA BOOKS)

清永 謙 / 山と溪谷社



山歩きも憧れの一つだ。でも、画材に貢ぎこんでしまって、登山靴一つ買うお金はありましぇん、えんえん。この方はツェルトとテント以外ろくな物がなく、すべて代用品ですませているそうだ。登山暦が長い方なので、私には真似できないけれど、「本人が納得できればどんな山登りもあり」というところに強く共感した。昨今の登山ブームは(たぶんメーカーと結託して)金がかかり過ぎる。

そう言えば、絵の公募展でデカい絵じゃないと入選しないというのは、画材メーカーと結託しているという話をどこかで聞いた・・・。真偽の程は解りませんけどありそうな話。

静かな登山を目指されているとのことで、人の列ができている山は荒れているから登らないとおっしゃる。でも、体力は心得ていてヤバイと思ったらすぐに逃げ帰るそうな。お金がないのでママチャリ登山もしたことがあるとのこと。

よっしゃ~、体力をつけて、ママチャリ日本旅行とママチャリ登山を五十代の目標にしよう!
もちろん感動は絵にして残そう!
あ、仕事もします。それなりに楽しいからね。
ここの所、気持ちが沈みまくっていたけど、この二冊の本に励まされた。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-28 20:46 | その他

はるさき夫婦水彩画展

d0122703_20172562.jpg


行って来ました~。このブログで勝手にリンクしている012.gifはるさきご夫妻の水彩画展です。
9/27まで、福岡天神の新天町ギャラリー風で個展をなさっています。

ブログやミクシィなどで活躍されてられるので、是非原画を拝見したかったのです。
アミカスでの展示も拝見させていただいたので、二回目の訪問となりました。

色が濁ってなくて、本当に綺麗でした。ブログに掲載されている絵よりもずっと綺麗で輝いて見えました。
赤いマンジュシャゲの絵が欲しかったのですが、お小遣いが足りませんでした007.gif
しかし、画集をゲットしてきました。

d0122703_20172587.jpg


中を勝手にちら見せしてしまいますと、

d0122703_20172521.jpg


な、なんと!
技法書にもなっているのです。ブログでも技法を公開されてますが、このような形で技法を公開された冊子を作ってしまうとは素晴らしい発想です。今回の個展以前の作品も掲載されていて、お優しいご夫妻の人柄が伝わってきます。

それにしても、ご夫婦で個展なんて、うらやましい~~~。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-23 20:17 | その他

西表

d0122703_20363799.jpg


昨年行った、西表島の風景です。
島民が使う船が一艘、海岸のそばに浮かんでいました。
透明な海と青い空が美しい島でした。

私達は、ペンション星の砂に宿泊しました。
見晴らしの良いペンションでご飯も抜群においしかったです。
オプションが充実していて、子供と初スキューバに挑戦しました。
この入り江から船に乗って沖のサンゴ礁まで行きました。


ここの所、気持ちが沈み気味で停滞していました。
迷走しながらも、浮上気味です。
何よりも西表の風景を思い出しただけで気持ちが前向きになります。
秋の公募展に何か描いてみようかなと考えています。

本日は、午前中、部活に行く子供に弁当を作り、洗濯等の後絵を描く。
昼に夫が帰宅したので昼食を作る。
片付けの後、マスキングを施し、プールへ行き一時間程度泳ぐ。
買い物をして夕食を作り、皆が帰宅するまでまた絵を描く。
夕食の片付けは子供達に任せ、また絵を描く。

最近つくづく、細かな時間にまさに「石ころひとつ」でも描かないと上達しないなと反省しています。
尊敬するkitaさんのように。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-20 20:45 | 風景

Island Lake 模写

またまたNitaの技法書からの模写です。でも、まだ途中です。

d0122703_13455953.jpg


①まず下絵を拡大コピーしてトレースします。原画はとても細かいのですが、そのあたりはアバウトにします。あくまで技法を学ぶのであって、レプリカを作る目的ではないからです。

②つぎ、マスキングをします。マスキングを施した後で、指で軽くマスキングをめくるように処理します。エッジがやわらかくなって、ナチュラルな感じになるようです。

③紙はいつでも水を散布させて、ウェットな状態を保ちます。空の色はコバルトブルー、地平線近くをセルリアンとウィンザーレッド塗ります。次にコバルトブルーとウィンザーイエローの混色で作ったクールな緑、ウィンザーレッド、アントワーププルーとペインズグレーなどを混色した暗い色を湿った紙の上に大胆に塗ります。

④塩をまいて、完全に乾いてから、右上の松の木を描きます。ここでも紙は湿らせた状態で描いていきます。
松以外のところを画用紙でカバー、湿らせた紙の上に線を描くように筆で絵の具をえいっと、散布します。そして暗い部分を穴埋めするように塗ります。

と、簡単に書くと、↑のようになるのですが、ここまでで4時間もかかってしまいました。

今日はここまで、、、。時間が取れたらまた続きをアップします。自分の絵も描かないといけませんね。(^^)

Nitaのデモンストレーションをアメリカまで行って、勉強してられた方のブログがありましたので、紹介させていただきます。紅の水彩日記を綴ってられるM-Crimsonさんです。勝手に紹介してしまいましたが、不都合がありましたら削除いたします。

絵を描くのが大好きな人が増えてきて嬉しい限りです。
秋は個展、公募展、色々と楽しみが増えそうです。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-09 14:00 | 摸写

娘の絵①

絵を描かないと更新できないのも大変なもので・・・。(^^;
場繋ぎに娘の絵を拝借しました。
d0122703_20521214.jpg


墨絵は楽しいそうです。

このところ、私の鬱の調子が悪くて、鬱々しています。
頭に鉛がつまったような感じです。やるべきことがたくさんあるのに、どうにもできないのです。かなり慣れてきて対処法も分かっているます。頭を休めることと時間が一番の薬です。無事にこの時期を乗り切りたいです。

本日、25号の木製パネルが到着、いよいよ下書きを考えないと。
絵のことも夜になると考えられるのですが、昼間はまったくやる気が沸きません。今は楽になってきて、どうしようかなと考えているところです。好きな花と水のある風景にしようと思ってます。好きなものを描くのが一番楽しいですからね。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-07 20:58 | その他

25号のボード注文

d0122703_18125743.jpg


銀座で受けた感動が乾かないうちに、絵に立ち向かおうと考えました。
思い切って、25号の木製ボードを注文しました。
大きな絵に挑戦してみます。

50号も考えたのですが、50号だとロール紙を買わないとなりません。うーん、ちょっと躊躇しますね。
何をどう描くかはこれから考えることにして、今年から来年にかけて、仕事と絵に意識を集中させたいものです。
[PR]
by noelu-2008 | 2009-09-04 18:12 | その他