5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ラボルト


また石膏デッサンです。ラボルト。
d0122703_19285092.jpg


頭の大きな石膏像です。
パルテノン神殿の破風を飾る巨大な彫像の一部で、パルテノンのビーナスとも呼ばれるそうです。ラボルトは発見者の名前なのだそうです。神殿の高いところに飾られていた群像の一部なので大きな頭だという話です。


私が描いた石膏像はこれです。↓↓
d0122703_19295093.jpg


今回は、4時間程度の時間で描けました。

大きな像なので、明暗がなかなか取れずに手こずりましたが、最後は何とかかんとか。


今回は、台座のデッサンが狂っていて、手こずりました。
講師の先生のアドバイスは、

絵は隅をきちんと描くと、画面の中央がしまります。四隅がぐちゃくちゃしていたり、物の形をごまかしていると、全部がダメになります。この場合、画紙の台座は切れているのですが、切れて見えなくなっている部分まで見る人が分かるように描くことで絵の完成度が上がります。

ということでした。


さて、このところデッサンばかりアップしていますが、水彩画も描いております。夏季は時間が取れますので少し大きめの絵に挑戦中です。

デッサンも次からは胸像に入りますが、集中して水彩画を描く時間を取ろうと思っています。

ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-07-23 19:42 | デッサン

グデア王

石膏デッサンです。グデア王。

d0122703_2044396.jpg


石膏デッサンを習う前から、石膏像の名前ぐらい知っていましたが、この像の名前は知らなかった・・。
グデア王、グデア王子、そんな名前です。メソポタミア時代の像らしく、正面から見ると、四角い顔の大人なのですが、横から見ると幼児みたい。

私が描いた元の像はこんな感じです。↓↓
d0122703_2045480.jpg

今回は座って描いたので、この位置から見上げています。像の上についているのはねり消しです。顔の稜線の間隔をつかむためにくっつけています。


ネットで拾った写真だと下のような感じ。↓↓
d0122703_2073842.jpg

d0122703_2074166.jpg


これって、課題でもなければ描きたくない首像ですよね・・・。(´・ω・`)

頭の上のリングみたいなのには、ラーメン模様みたいな細かい丸がいっぱいついているし、鼻がかけているし、目の稜線がどきついし、幼児だか親父なんだかわんかないし。


今回は、「目的を決めて描きましょう」と言われました。そこで、自分の目的を
   ・形を正確に計りとる
   ・光の方向を意識する
の二つに絞りました。

約6時間で完成。

講評は「今までのデッサンの中で一番いいです」と言われました。


絵の勉強をするのに、石膏デッサンなんて特に必要もありません。たぶん・・・。ただ、石膏デッサンって紙がバカでかいんですよ。その紙にデッサンをするのは大変です。何度もさがりながら確かめないといけないし、狂いを見つけるのがとても大変です。今回も描いていて、まったく顔が立体にならず、悩んでしまったけど、後頭部をガーゼでこするとみるみる立体になっていく。ほんの少しのタッチで立体になったりならなかったり。

木炭は描いたり消したり変幻自在な画材なので、試行錯誤しながら絵をつくることができます。石膏デッサンしながら、絵って何だろうって、いつも考えてしまいます。

次回はラボルトです。

同時並行して少し大きな水彩画も描いていきます。


ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-07-09 20:19 | デッサン

マローヤの教会


d0122703_21444126.jpg



ネット仲間展の課題写真から、スイス マローヤの教会を描いてみました。
課題写真が見たい方は上をクリックしてください。

いつもアルシュを使って描くことが多いのですが、今回は白が大変美しい課題なのでクラシコ・ファブリアーノ・エキストラホワイト紙を使ってみました。

ファブリアーノは白地と発色が大変美しい紙です。ただし、表面が弱く、エッジが出やすく、にじみがあまり綺麗に出ません。今回はマスキングをしましたが、弱い紙なので、マスキングをはがす時に破れることもあります。また、この紙は特に、マスキングは早目にはがした方がいいと思います。

今回、下の草地の部分に水を引き、慎重に塗っていたら、夫がやってきて「暑いねぇ」などと言いながらいきなり窓を開けてくれました。風がぶおーっと吹いてきてみるみる草地のの下の部分が乾いてしまい、仕方がないので後から塗ったところにじみ後がばっちり出てしまい、殺意を覚えましたとも。
ヽ(`д´;)/  うおおおお

絵の具は、セルリアンブルーに「ラウニーを使ってみました。ラウニーのセルリアンは美しいと評判を聞き、買ってみました。本当に綺麗。空の色は、セルリアンブルー(ラウニー)とコバルトブルー(マイメリ)、あとは下の方にマゼンダとイエローオーカーが少し入っています。

山の陰の色もほぼ同じ色で濃淡が違うだけです。
あまりに楽しくて、一日で描いてしまいました。

透明水彩
クラシコ・ファブリアーノ・エキストラホワイト 28×21

ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
[PR]
by noelu-2008 | 2011-07-03 21:45 | 風景