人気ブログランキング |

5年目の水彩画練習ノートと雑記帳。since2007.5.6


by ノエル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:その他( 106 )

院展

先日、市の美術館で行われた再興第95回院展に行ってきました。

d0122703_2116678.jpg


日本画って本当にいいですねぇ・・・。日本人の心になじむ感じです。
きっと湿度感とか、光の表現の柔らかさがぴったりなんでしょうね。

古風な画風の作品もいいけれど、斬新な画風の作品も多く、驚きました。
日本画は額にガラスが入っていないから、表面の凸凹までよく観察できていいですね。
水彩画は必ずガラスが入るから、美術館では見ずらいんですよね・・・(´;ω;`)


今回も手塚雄二先生の作品も拝見でき、大変満足です。


そして、私の好きな日本画家の一人である那波多目 功一(なばため こういち)先生の絵も堪能してきました。


私は那波多目先生の絵の大ファンで、いつも院展の度にポスターを買ってきちゃうんです。
今回は、絵葉書しかなくてがっかりでした。
巨大な日本画は絵葉書じゃダメ、ポスターを作って欲しい。
仕方がないので、クリアファイルを購入してきました。↓

d0122703_2116970.jpg


この細かい絵は、菊のつぼみなんです。美しく繊細で、何時までも見つめつづけていたい・・・。


★★★
中間テストの採点をしながら、午後は少しスケッチをして歩いています。
そのうちまたへたくそ絵をアップできるかもしれません。(・∀・)




ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-05-19 21:27 | その他

カーネーションを描きに


デッサンを習いに行っているアトリエで、大人のための水彩画講座がありました。

最初は行く気が無かったのですが、誘われまくってしまって断れなくなって、行って来ました。

参考作品を見ても、透明水彩の透明感を生かす技法ではなく、油絵みたい。

でも、最近、気力が萎えているから、いい刺激になるかと思い、行ってみました。

一人一人に、カーネーションが何本か用意されていて、それを下書きから2時間で描くというものです。
紙はM画用紙という安い水彩紙でした。

このM画用紙、滲まないし、水の引きが早く、なかなか手こずりました。
みなさん、大変熱心に描かれていました。

d0122703_21315534.jpg


写真は出来上がった後の講評です。
私の絵は遠くで見ると、力弱いなぁ・・・・・

ところが、絵をアップしてみようと思ったら・・・。絵が無い!
家に帰ってキャリーバックをひっくり返しても絵が入ってない!
どうやら、アトリエのカルトンの中に挟んで帰ってきたみたい。

モチーフの花を持ち帰ったのに、絵を忘れてくるなんて~~!
これはどうやらもう一枚描きなさいという神様の御言葉でしょうか。
花が枯れないうちにもう一回しっかり描いてみます。

今回思ったのは、簡単なモチーフで時間を決めて描くっていうのも、とても集中できていいなということです。



ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-04-24 21:42 | その他

水彩画教室展



d0122703_16283759.jpg


水彩画の教室展のお知らせです。
北九州の小さな郵便局のホールでの教室展ですから、皆さんに来ていただくのは無理というものです。

北九州近辺にお住まいで、ご都合がつかれましたら、遊びにいらしてください。

この絵は、師匠の星野先生が描かれたものです。

★★★

地震と津波、そして原子力発電所の事故、我が家では被害はありませんでしたが、東北に住む親戚と連絡が取れなくなったり、かなり動揺しました。その後、親戚とは連絡が取れ無事を確認しました。

ネットで知り合った方で、まだ連絡が取れない方がいて、心配は尽きません。自分が出来る最善を尽くして生きていくしかないのですが・・・。そうこうしているうちに、新学期が始ってしまいました。今年も忙しくなりそうですが、絵の修行はいつでも初心に戻って取り組んで行きたいものです。

水彩画を始めて、5年目です。そろそろ、慢心してくる頃ですね。初心、初心と毎日言い聞かせ。(笑)



ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-04-07 16:35 | その他

意欲が湧かない


地震や津波、原発の被害等々、被害に会われた方、心からお見舞い申しあげます。
どうかお身体を大切にされて下さい。

d0122703_12322392.jpg



私は申し訳ないくらい普通の日常生活を送っています・・・・。
昨日からデッサンの教室展が始りました。

デッサンの勉強を始めた頃は、デッサン教室に居つくつもりはありませんでした。少し勉強したらそれでいいと思っていました。半年くらい勉強したらデッサンは辞めてしまおうと思っていたのです。今は、その奥深さに魅かれて長居しています。

「水彩画にはそんなにデッサン力は要らないよ」という声もあります。そうなのかも知れません。
しかし、デッサンを勉強してみて、自分が他の方の絵を見て「ヘンだな」と感じたところが、なぜヘンなのか、どこをどう直せばいいのか、少しずつ分かってきました。

色の使い方も分かってきました。これはデッサンは一色で描くから分かるのだろうと思います。綺麗な固有色は大切だけど、色はあくまで物体のごく表面の光の反射に過ぎない。難しいことを言っても自分ではまだうまくできないのですが。



さてさて、今回の地震の前に、私は50号の板を買ってしまいました。アルシュのロール紙もついに買ってしまいました。清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。物流が混乱しているにも関わらず、板もロール紙も我が家に到着してしまいました。ああ~~~


どうするんだよ、こんなの買っちゃって・・・。

今の私には、全然描く意欲が湧かないんです。
地震で日本が大混乱している時に、日本の美しい風景を描くなんてやってていいのだろうか。
罪悪感すら感じてしまう。


しかし、板と紙はデデーンと六畳を占領しています。
ああ、また寝るところが無いくらい汚部屋が狭くなってしまった。

部屋を広くするためにも描かなきゃいけないじゃん!!!

何を描いたらいいんだよぅ orz orz orz.

ううう、後悔先に立たず。涙が出そう。
その前に、またまた家族から大顰蹙を買いそう。
その前に、置く場所がない。


脳内が大混乱しています。

とりあえず、描く意欲がすごく減っている今、描くことを少しでも考えて、意欲を取り戻すしかないなぁ。




ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-03-16 12:53 | その他

水の和会と萩尾望都展


博多まで、「水の和会」の水彩画展と、萩尾望都原画展に行ってきました。

d0122703_2233918.jpg


「水の和会」とは、福岡県内の水彩画家さんの集まり(だと思う)で、師匠の星野先生やリンクしていただいている何人かの画家さんがいらっしゃいます。

原画を観ると描き方のコツが掴みやすいので勉強になります。
と、言ってもすぐに自分が描けるようにはなりませんが・・・。

その足で萩尾望都原画展に行きました。
萩尾望都さんは、福岡屈指の名門校を出られた方です。今日も平日なのに多くの人が来てられて、人気の根強さを知りました。

私は、この人のカラーの絵はあまり好きではなかったのですが、原画を観て美しさに驚きました。ポスターカラーと透明水彩を併用してられるのかなーという感じでした。水彩画のようなにじみを生かした技法が多く、精密がのような繊細さに圧倒されました。雑誌などに印刷すると、コントラストを強くするためか、原画の美しさが損なわれていたのでしょうね。

絵だけではなく、作品全体が多くの人に色々な感情を湧き起こさせた・・。それが名作の所以なのでしょう。




ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-03-08 22:44 | その他

寒さが日増しに緩んできましたね~♪
そこで、こりずにチャリ通に挑戦してみました。
こりずにというのは、前回は失敗しているのです。orz

前回は初夏になってからチャリ通に挑戦して、暑くて完走しきれずに断念。
今回は反省し、まだ寒いうちから挑戦してみることにしました。

日ごろママチャリ状態で使っている自転車(シティバイク)をメンテナンスし、サドルを3センチ程上げます。いつもスーパーの買い物荷物を運ぶだけなので、低め安定走行していたのです。これでは足が疲れます。走るためにはぎりぎり足が着かない程度が楽です。

チャリ通と言っても、たかが片道10キロ程度の道のりなんですが(;・∀・)
途中で船に乗る意外は全く普通の平地を走ります。
以下写真を撮りました。

d0122703_21492288.jpg

↑北九州ってこんな町。

d0122703_21492448.jpg

↑レトロな建物が多いです。

d0122703_21492427.jpg

↑この渡し舟に乗ります。
自転車+人で150円です。四月から値下げするという朗報があります。

d0122703_2149269.jpg

↑渡し舟の中は暖かく、テレビまであります。このまま遠くに連れて行って欲しいくらい快適~~


d0122703_21492790.jpg

↑これが私の愛車です。(^^)ヾ

はい、今回は往復ちゃんと完走できました~~~

家族からは、「帰りはタクシーだな」と言われていたのですが、良かった、良かった。
途中で写真なんか撮っていたせいか、片道1時間近くかかってしまいました。
次の目標はタイムですね。片道30分を目指します。

※※※※※※
ところで、自転車でいろいろ検索していたら、凄い日本画家さんを知りました。
南正文先生という、13歳で両手を切断され、口で日本画を描かれている方です。
この先生、両手がないのですが特別な自転車を注文され、サイクリングライフも楽しんでられるのです。

d0122703_21495271.jpg

ギアつきの自転車に乗ってられるご様子。


d0122703_21495491.jpg


d0122703_21495884.jpg

御作品です。精緻なタッチで、とても口で描かれたとは思えません。

もっと検索してみたら、you tubeにドキュメンタリー映画の予告編がありました。驚きとともに、尊敬の念を持って見てしまいました。世の中には目が覚めるような素晴しい生き方をされている方がいるのですねぇ。
こういう方の存在を知るたびに、自分が恥ずかしくなります。



↑「予告編 南 正文(まさのり)ドキュメンタリー」どうぞご覧ください。




ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-02-10 22:08 | その他

謹賀新年


d0122703_1913288.jpg


明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願します。


昨年のこのブログのアクセスは、(更新した日は)100アクセス前後です。
永山裕子先生の記事を書いた日は、400近いアクセス数となり緊張しました。

沢山の方に見ていただいて感謝します。


今年は、20号程度の絵を何枚か描いてみたいと思っています。昨年沢山の絵を見て、特に日本画から多くの感銘を受けました。丁寧に描かれた日本画の美しさに強く惹かれました。

自分が描きたいものが絞れてきた感じがします。この感覚を大切にしたいと感じています。

また、思いもかけず水彩画のブログとして発展してしまったので、リンクも整理して、水彩画系の方ともっと交流をしてみたいと考えています。リンクが切れてる方ははずさせていただきます。(今までありがとうございました。)


画像は、娘と一緒に遊びながら描いた色鉛筆画です。(・∀・)



ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2011-01-01 19:21 | その他

田中一村展

『田中一村 新たなる全貌』を観に奄美まで行ってきました。
d0122703_1142655.jpg

d0122703_11421148.jpg


今年は生誕100年で、この機に一村ゆかりの栃木、千葉、鹿児島、奄美の美術館が中心になり改めて作品を調査し、とかく伝説的な生涯ばかり語られちな一村の実像を浮かびあがらせようという企画です。奄美の田中一村記念美術館では全国から集めた200点以上の作品が公開され過去最大規模の特別展となりました。

d0122703_11421749.jpg

相変わらず、パンフレットの写真ですが・・・。左が「食わず芋と蘇鉄」、右が「アダンの海辺」です。この「アダンの海辺」は中学の美術の教科書の表紙になっているそうで、うちの子供でも知っているとのことでした。実物はもう、驚異の筆さばきとしか言えません。小石の一粒一粒にまで精緻な輝きがあり、美しい!!印刷では見えない筆の力加減、絵の具の盛り上がり、実物を見て本当に良かったと思いました。

今回は画業の充実していた千葉時代の作品も多く見ることができ、長い千葉時代の画業があってこそ、奄美での集大成ができたのだなぁと納得させられました。ローマは一日にして成らず。何事も日々の努力の積み重ねであると深く感銘しました。

千葉時代は、軍鶏師の家の襖絵を作成したり、天井画作成、また木魚を彫ったりと多彩な活動をされています。写真も素晴しい腕の持ち主で、合成写真を自ら作ったりしたようです。

奄美時代は、書簡や島民の方々の話から、人間味あふれ、まわりの人々と交流した一村の姿も垣間見ることができました。

一日半程度ですが、レンタカーで島を観光して来ました。奄美大島はとても大きな島なので、レンタカーがないと回るのは無理でしょう。12月で、日中の温度は20度程になり暖かかったのですが、夜は冷え込み5度ぐらいになりました。節約のため超安い宿に泊まりまして、夜はシャツの重ね着をして寝ました(^▽^)

奄美の写真を何枚かアップします。


d0122703_11424354.jpg

↑これは一村終焉の家の手前です。この家には10日間程度しか住んでいないようです。(旧家屋は区画整理のため存在しません)


d0122703_11424790.jpg

↑一村終焉の家


d0122703_11422230.jpg

↑蘇鉄の群落


d0122703_11422648.jpg

↑あやまる岬


d0122703_11423684.jpg

↑民家


d0122703_11423210.jpg

↑ポインセチアが3メートルくらいの木になっていて驚きました。


d0122703_11422926.jpg

↑集落は花で彩られています。


d0122703_11423919.jpg

↑高倉です。これは使ってないようですが、まだ使っている農家も沢山ありました。


d0122703_11425290.jpg

↑北の先端、用岬の灯台です。


d0122703_1143296.jpg

↑南西部、宇検村にて。どこの庭先にもパパイヤがありました。


d0122703_11425897.jpg

↑バナナです。

天候に恵まれ、いい思い出になりました。


ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2010-12-13 12:24 | その他

現代中国の美術


d0122703_2171330.jpg


福岡アジア美術館でおこなわれている「現代中国の美術」を観に行ってきました。
たまげました・・・・。

漆絵、中国画、初めて見る質感にも驚きましたが、モチーフ選びの大胆さに圧倒されました。

↑↑↑の絵は、パンフレットから頂いた絵で、『中国の記憶』王仁華さん。
中国伝統のあやつり人形と、それを動かすファッショナブルな女性たち。
まだ人形に慣れていないのか、不自然なポーズを取っているそうです。。。


d0122703_2172423.jpg

↑↑↑こちらは、パンフレットの裏面です。
とにかく絵が大きくて迫力があります。
この一番上の絵などは横幅が6メートルはありました。


d0122703_2172826.jpg

↑↑↑水彩画です。本物はもっと渋く、ドライブラシを駆使して迫力のある画面でした。
『雲の彼方』劉智平さん。湖北美術学院という大学の先生みたいです。


中国画の技法をふんだんに取り入れた絵の様で、墨やガッシュ、こふん絵の具のような物、あとは私などは分からない技法が駆使されていて、本当に驚きました。裸婦の水彩画もとても美しく丹念に書かれていました。

屋台や廃墟、炭鉱、毛沢東や万里の長城、パソコンや家電に囲まれた現代の中国まで、俯瞰できました。



私は福岡市内がよく分からず、行きも帰りも道に迷ってしまいました。帰りは雨が降ってきて、駐車場が分からなくなって、濡れてしまい、参りました。今回は絵を見ている時間よりも、道に迷った時間の方が長く、ちょっと参ってしまいました。



ブログランキングに参加しています。お気にいりましたらクリックしてください。
私の元気の元です!!

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



    
by noelu-2008 | 2010-12-07 21:43 | その他

手塚雄二

手塚雄二  一瞬と永遠のはざまで

d0122703_2045335.jpg


d0122703_20451318.jpg


今回の上京を思い切った理由は手塚雄二先生の絵を拝見したかったからでもあります。

もう何も言うことはありません。手塚雄二先生の公式HPを見て下さい。

手塚雄二先生のギャラリートークが午後2時にあるので、会場へと急ぎます。あいにく、少し遅れてしまって、途中から聞きました。こんなに素晴しい日本画を描かれる先生のお話は重厚で分からないだろうと予想していましたが、、、、。芸大の教育の話、芸大の先生の話、院展への道、面白おかしく話して下さって、会場内が笑いで包まれているのです!!!

もちろん、特別なプレゼントの制作秘話もありました!!!

何時間も会場にとどまり、私は先生の絵を拝見しながら、感激のあまりぼろぼろ泣いてしまいました。是非先生の公式サイトを見て下さい。できたら一人でも多くの人に原画を見て頂きたいすばらしい作品です。

   
 
※11月28日(日)
 そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店6階)

 ※2011年 1月2日(日)~1月23日(日)
 松坂屋美術館(名古屋)




    
by noelu-2008 | 2010-11-22 21:08 | その他